登録有形文化財 後藤織物 主屋他建造物群について
登録有形文化財 後藤織物
主屋他建造物群について
当社初代後藤定吉は、明治3年(1870)に現在地に居を構えて機業を始め、明治10年に揚柳縮緬 (絹綿交織)を考案し、明治12年には観光襦子を工夫して中国製の南京襦子に対抗するなど、いち早く洋式染色技術の導入を図り、明治初期の桐生織物に大きな貢献を果たしました。
主屋は、初代定吉が分家として定住した明治前期に建築された後、大正14年に増築され、機業家の住居から事務所兼作業場への転換を物語る建造物です。
奥座敷は大正14年の建築で接客用座敷があります。
工場は切妻造の工場に鋸屋根工場を増築したもので、桐生における機業の戦後復興を物語る施設のひとつです。
東蔵と西蔵は同規模の木造二階建、旧釜場は木造平屋建で織物工場を構成する要素です。
井戸屋形は水源を覆う小屋。給水塔は鉄筋コンクリート製で貯水槽を四本柱で支える形式です。
平屋建ての倉庫は絹糸の保管。
物置の南半分は食料庫、北半分は新炭置き場として利用されてきました。
表門とその両側の板堀が正門の景観を形作っています。
当社の建物は数が多く、その時期も明治前期、大正、昭和の戦前、戦後と多岐にわたり、主屋をはじめとする建物群の構成は、染色・撚糸・製織といった織物生産のシステムをそのまま現しています。
現当主は 四代後藤隆造で桐生織の伝統を引き継いでいます。
その製品は七五三祝帯「都恋人(トレンド)」、丸帯、 袋帯その他「栄基堂」「きりはた」ブランドで百貨店、有名 小売店を中心にひろく販売されています。
文化庁登録有形文化財(建造物)第10-0159~0169
文化財保護法第57条1項の規定により平成18年3月27日に登録されました。
事務所、仕事部屋8室、土間から構成。西半分は当初のもの、東側は大正14年に増築。
10畳と12畳ニ間は接客および製品陳列に使用。大正14年築。
切妻造が昭和23年築、鋸屋根工場がそれぞれ24年築。
南側に下屋を設け、中央で仕切られ東西に区分される二部屋構成。付器類や布団などを収納していた。 明治前期築。
左右に出入口があるが、内部に仕切りはない。紋紙を保管する蔵で現在も多量の紋紙を保存している。
煉瓦造の窯が大・中・小の鉄釜とともに五箇所の焚口が現存し、煙突の下半部が遺存。現在は不使用。 昭和24年再建。
中央に直径1.4メートルの井戸が掘られている。明治後期。屋形は昭和8年頃の築。
高さ約3メートル、直径2 メートルで染色に多量の水を必要とするために設けられた施設。かつてはもう一基併設されていた。現在も使用している。昭和8年頃築。
元は絹糸の保管に使用していた。大正14年頃築。
現在は資料展示場として使用。
門ロ2.1メートルで、両側には1.15メートルの袖壁が設けられ、扉を引き込むようになっている。 門、塀とも大正14年頃築。
文化庁登録有形文化財(建造物)第10-0159~0169
文化財保護法第57条1項の規定により平成18年3月27日に登録されました。
①主屋
(本造二階建、鉄板葺)
事務所、仕事部屋8室、土間から構成。西半分は当初のもの、東側は大正14年に増築。
②奧座敷
(木造平屋建、瓦葺)
10畳と12畳ニ間は接客および製品陳列に使用。大正14年築。
③エ場
(木造平屋建、瓦葺および鉄板葺)
切妻造が昭和23年築、鋸屋根工場がそれぞれ24年築。
④東蔵
(木造二階建瓦葺)
南側に下屋を設け、中央で仕切られ東西に区分される二部屋構成。付器類や布団などを収納していた。 明治前期築。
⑤西蔵
(木造平屋建、鉄板葺)
左右に出入口があるが、内部に仕切りはない。紋紙を保管する蔵で現在も多量の紋紙を保存している。
⑥旧釜場
(木造平屋建、瓦葺)
煉瓦造の窯が大・中・小の鉄釜とともに五箇所の焚口が現存し、煙突の下半部が遺存。現在は不使用。 昭和24年再建。
⑦井戸屋形
(木造、鉄板葺)
中央に直径1.4メートルの井戸が掘られている。明治後期。屋形は昭和8年頃の築。
⑧給水塔
(鉄筋コンクリート造)
高さ約3メートル、直径2 メートルで染色に多量の水を必要とするために設けられた施設。かつてはもう一基併設されていた。現在も使用している。昭和8年頃築。
⑨倉庫
(木造平屋建、瓦葺)
元は絹糸の保管に使用していた。大正14年頃築。
現在は資料展示場として使用。
⑩表門及び板塀
(表門・木造、瓦葺 板塀・木造、鉄板葺)
門ロ2.1メートルで、両側には1.15メートルの袖壁が設けられ、扉を引き込むようになっている。 門、塀とも大正14年頃築。
工場見学
見学のお願い
順路(下図の→)に沿ってご覧下さい。
指定以外の場所はご遠慮下さい。建物の内部には入れません。
見学時間:午前10時から午後3時まで 月〜金曜日(要予約)
見学料:300円(大学生以上)
見学申込はこちら